Blog Category: Personal Foundation

ブログの中から「Personal Foundation(パーソナル・ファウンデーション、自己基盤)」に関する記事を集めています。

自分の中の負の感情に向き合うとどうなるのか

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

 

 

トマス・レナードは

「混乱した感情は強力で、教師として非常に有効である」(The Portable Coach: Step3導入部)と言っています。

 

自分の中に怒りや悲しみ、恐れ、モヤモヤなどの感情が起こる時、

その背後で何が起こっているのかを探っていくことは、自分自身をより深く理解する機会となります。

とはいえ、そうした「負の感情」に向き合うことは、とても辛かったり苦しかったり、

嫌な自分に向き合うことでもあるので、「避けたい」「見たくない」と思うのも無理はありません。

 

負の感情に向き合うにはどうしたらいいのか?

向き合って気づいたことをどのように活かしていくのか?
参考になればと思い、少し長くなりますが私自身の経験をシェアいたします。

 

 

 

ことの発端は、数人で「在り方」について話をしている時のことです。

ある方が、他の参加者の方の「在り方」についてネガティブな指摘をしました。

そのことがきっかけで、お2人が口論のような言い合い状態に陥ってしまいました。

 

その間、私はそれぞれの方に何が起こっているのかにアンテナを立てて話を聞いていました。

その中でお2人の「課題」と思われるものを感じましたが、

感情的になっているお2人の前でセンシティブな内容をフィードバックしてもご本人が受け止められるとは思えず、

かといってどのようにその場に関わっていったらいいのか、分からなくなってしまいました。

 

(私はここで「課題」という言葉を、「自分が進化するために取り組むテーマ」という意味合いで使っています。

「課題」という言葉に抵抗がある方は、ご自分に合う言葉に置き換えてお読みください。)

   

このように人が対立した時、それぞれの言い分に共感して混乱することが今までもあったことを思い出しました。

上手くお2人に関われなかった後悔、残念な気持ち、自分の不甲斐なさ、などなど

寝付けなくなってしまうほど心がざわめき続けたので、ここにある私自身の「課題」に対応すると決めました。

 

  

そこで、この経験から課題として自分が学ぶことをテーマに、マイコーチにセッションをお願いしました。

改めて、その時の自分の思考、感情、欲求(ニーズ)、行動に焦点を当てて振り返っていく中で、

ネガティブな感情を突き付けられるとショックで思考がフリーズすること、

冷静に客観的な立ち位置で関わろうとしていたつもりでも、
共感性の強みを発揮してお2人と一緒に揺れ動いていた自分に気づきました。

そして、今後同じような状況が起きた時に自分がどうあったらいいのか、

具体的にどう関わっていくことが可能かを話しました。

 

(「ニーズ(欲求)」とは、自分自身が最高の状態でいるために満たされなければいけないものです。

自分の存在を認めてほしいという「承認欲求」を例にとると、

満たされないととても苦しかったり辛かったりなど負の感情を持ち続けることが多く、

欲求を満たすために事件を起こすなど、行動の動機となり得るものです。)

 

 

そのセッションで色々なことが明確になったおかげで、一旦心のざわざわは落ち着いたのですが、

しばらくすると別のざわざわが起こってきました。

最初は他のことに集中して忘れようとしましたが、ふと気が付くとこのことを考えている自分がいます。
これはもう、心が結論を出すまで徹底的にこの「ざわざわ」に付き合ってみるしかないと思いました。

 

正直、このざわざわに付き合うのはとてもしんどかった…。

気分が上がらないのはもちろん、何をしていても自分のエネルギーがロスし、下がり続けるのを感じていました。

パフォーマンスが下がったことにも参りました。
引き続きよく眠れず、腰の強張りが痛くて仰向けになれず、以前痛めた膝の痛みもぶり返しました。
何より、自分の中のネガティブな感情に気づいて、自分の未熟さを痛感し痛さを何度か味わいました。

  

ターニング・ポイントは「(相手に)~してほしい」という思いがあることに気づいたことです。

「~してほしい」という表現は、まさにそこにニーズがあるということじゃない?

そう思って焦点を当てていくと、自分に「間違えたくない」というニーズがあることに気がつきました。

 

気づいた瞬間、身体の中心からスコンと何かが抜け落ちるような感覚を感じました。

そして、安堵の感情が沸き起こり、続いて目頭が熱くなりました。

手放したくても消えなかった心のざわざわが、すっと退いていくのがわかりました。

爽快な気分が戻ってきて、次第に体の不調も快方に向かいました。

 

  

以上が私の経験です。

自分のニーズに気づくことはとても難しいので、負の感情からニーズを実感できたことは大きな発見でした。

その後『自分の言動の中に「間違えたくない」と言うニーズがあるのでは?』というアンテナが立ち、

 日々の中で『あれ、これって「間違えたくない」ニーズに起因してない?』と気づいて噴き出すこと数回。
自分の痛いところを笑い飛ばせるようになって、進化のプロセスを一歩進んだように感じています。

  

このニーズをどう満たしていくかは次の課題です。

しかし、この経験から多くの学びを得て、自分の課題に向き合い通した充足感があります。

 負の感情は本当に豊かな学びの源です。

 

 

 

最後に、この経験をシェアするにあたって補足があります。

 

私自身が引き寄せの原理原則に沿って行動してみた結果、

以前より自分が心地よい状態(在り方)でいられるようになっているのを感じるし、

トマスの本の中で起こっていることが自分にも再現している実感があります。

 

だからと言って、みんなもこれをすべきだと言っているのではありません。

 

トマスが言っている進化とは、ダメな自分を改善することでも、より「良い」人間になることでもありません。

より心地よい状態で生き続けていけるような変化が自分自身に起きること、ただそれだけなのだと思います。

 

だから、自分の中の負の感情の中に、何か学びがあるのではないかと感じているなら、

トマスの原理原則が自分に活かせそうだ、自分に合いそうだと感じているなら、

ちょっと勇気を出して、この原理原則を上手く使って一歩踏み出すことで、

新たな発見を手に入れ、より居心地のいい状態を創り出す可能性があること、

つまり進化する可能性があることをお伝えしています。

 

 

 

そしてもう1つ。

ネガティブな感情はとても強力なので、扱い方を間違えるとかえって酷くなる可能性もあります。

 

だから無理をしないこと。

準備が整っていないのに見ようとしても、おそらく見ることはできません。

自分1人で何とかしようとしても、おそらく何ともなりません。

私のように、心から信頼のできる熟練したコーチ(もしくはカウンセラーなどの専門家)を活用することをお勧めします。

 

私も自分の負の感情にここまで向き合えるようになるまでかなり長い年月がかかりました。

1人1人に自分に合ったペースとタイミング、自分に合ったやり方があるはず。

それを見つけるために、私の経験が参考になれば幸いです。

 

 

 

それではまた!

 

 

(追記)このプロセスでは、トマスの引き寄せの原理原則の以下のステップを参考にしました。

Step1. 信じられないほど自分本位になる / Become Incredibly Selfish
Step3. すべての出来事に過剰に対応する / Overrespond to Every Event

Step6. 他の人に奥深く影響を与える / Affect Others Profoundly

Step13. パーソナルニーズを決定的に満たす / Get Your Personal Needs Met, Once and for All 

Step17. 自分の最たる弱みを認める / Endorse Your Worst Weaknesses

Step20. 必要以上に人格を高める / Develop More Character than You Need

Step21. 現在が本当にどれほど完璧であるかを見る / See How Perfect the Present Really is

 

 

0 コメント

自分を整えるには環境から

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

 

最初に、来週のコーチングバンク勉強会のご案内です。

 

EMC勉強会で扱っているトマス・レナードの『ポータブル・コーチ』から

「Step1. 信じられないほど自分本位になる」を取り上げ、

本を読まなくとも、お一人お一人が「自分本位」について考え、

自分本位になることに取り組んでいけるような時間にしたいと思っています。

 

ディスカッションとワークが中心の勉強会です。

ご興味・ご都合の合う方、お待ちしています!

 

【テーマ】信じられないほど自分本位になる!

    ~引き寄せの原理原則で持続可能な幸せを手に入れる~

【日時】2019年2月19日(火)19:00-20:45

【場所】後楽園近辺

【会費】1000円(当日現金払い)

【詳細・申込】http://www.coachingbank.com/eguide+event.eid+178.htm

 

 

 

それでは、今回のメールニュースをお届けします!

 

 

私がコーチングを学んでいく中で、最も興味深かったのは、

「ファウンデーション・プログラム」というモジュールでした。

 

パーソナル・ファウンデーションは自己基盤と訳され、

大きな樹木が育ち栄えるためにはしっかりした根が必要なように、

豊かで価値ある人生を送るためには

個々人の基盤を強化することがとても大切という考え方です。

 

ファウンデーションを強化するための要素として

妥協、未完了、ニーズ、価値などが含まれていましたが、

どれも始めて触れる考え方や視点ばかり。

まだよく理解できないけれど、なんだかすごい視点を手に入れた!

とモヤモヤしつつもワクワクしたのを覚えています。

 

 

この中で、特に自分に刺さったのが「ライフバランスを整える」。

身の回りの環境、経済・仕事、健康、人間関係の4領域すべてが上手くいくよう、

4領域で合計100個のチェックリストを足がかりに、

自分のライフバランスを整えていくというものです。

 

例えば、こんなチェック項目があります。

 

・書類やファイルはきちんと整理されている

・今住んでいる家は気に入っている

・生活を豊かにするような音楽を聴いたり、絵を飾ったりしている

・収入の10%は貯金している

・法的な問題は抱えていない

・仕事が人生ではないが、生活の一部である

・週2回以上運動している

・歯は健康である

・リラックスする方法を身につけている

・両親と上手くいっている

・道端や駅、パーティーなどで出くわして気まずい人はいない

・自分の基準を持って生きている

 

どうでしょう?

ちょっとドキッとするような項目もあったのではないでしょうか?

 

 

当時、100点満点中3-40点くらいだったかと記憶しています。

これを、数年かけていいので、80点を目指しましょう、と勧められました。

コーチングを学んでいた3年間は、時々このリストを見返しては

1つでもチェックがつくよう、週ごとに目標を立てて過ごしていました。

 

その後、結婚して家族が増えたり、仕事が変わったりするなかで

これらの項目のチェックは増減することもありましたが、

一貫して自分を整えるための「基本的なチェック項目」であり続けました。

 

取り組み続けられたのは、これらの項目にチェックがつくと、

「自分が整う感じ」が高まったからです。

 

一番点数が上がったのは「人間関係」の領域。

その間、どんな変化があったかというと、

人間関係で悩んだり、嫌な思いをしたりすることがかなり減りました。

特に、人間関係で悶々とするようなことはほとんどなくなりました。

悶々とするような関係や事態が起こりにくくなりましたし、

起こったとしてもそれを解消するための行動を起こせるようになっていました。

 

 

 

このライフバランスのチェックリストの元になったのは

トマス・レナードが作った「一掃プログラム」です。

そして、それは「環境を完璧にする」という引き寄せの原理原則に拠っています。

 

「ここでは主に物質的な物事について話しているが、

本当は私の生徒の1人が『より活発に自分自身を尊重すること』

と呼んでいたものについて話している。」

(「The Portable Coach」Step19. 環境を完璧にしなさい[前文])

 

自分の環境を整えることは結局、

自分自身のエネルギーを整える環境を作ること。

エネルギーのロスを減らし、エネルギーを蓄える環境によって、

自分自身をもっともっと発揮できるようにすることにつながります。

 

 

みなさんは、ご自分のためにどんなふうに環境を整えていますか?

「一掃プログラム」にはそのヒントがたくさんありますので、活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

* … * … * … * …* … 今後の予定 … * …* … * … * … *

 

◆Evolving myself Club 勉強会◆

コーチングの父 トマス・レナードの著作「ポータブルコーチ」から

トマスが説くコーチングの原理原則を理解し、自己基盤の強化に取り組む勉強会です。

どのステップからでも参加できます。

 

★EMC【大崎】Step19. 環境を完全にする / Perfect Your Environment

【日時】2019年2月26日(火)19:00-21:00

【場所】大崎第二地域センター・区民集会所(JR山手線 大崎駅徒歩5分)

 

★EMC OnlineEMC【Zoom】Step5. ただ喜ぶために付加価値を与える(仮) / Add Value Just for the Joy of It

【日時】2019年3月11日(月)日(木)20:00-21:50

【場所】Zoom(オンライン)で実施

 

※EMC勉強会情報ページ:https://www.coachkarriere.com/evolving-myself-club/

 

ご興味・ご都合の合う方の参加をお待ちしています。 

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … *

 

 

もう1つ、宣伝です!

いよいよ今週末の開催となりました。

コーチ仲間の平林さん(ひらりん)が

『Portable Coach』から「Step1. 信じられないほど自分本位になる」をテーマに勉強会を開催します!

ご都合・ご興味の合う方是非!

 

◆2/16(土)ー17(日)関東4チャプター交流会◆

詳しくはこちらです: http://4chap.saitama.coach

 

 

それではまた!

 

 

 

0 コメント

コーチングの原理原則

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

 

現在、コーチングの源流の1人であるトマス・レナードの著書「ポータブルコーチ」を使った勉強会を主催しています。

この本を読んで改めて思うのは、『コーチングとはエネルギー・マネジメントである』ということです。

 

人が生きて活動をしていくためには、エネルギーが必要です。

どんなに「やりたいこと」があっても、

「やりたい気持ち」があっても、

『エネルギー』がなければ実際に行動に移して、実現していくことはできません。

 

この本には、エネルギーを高めたり、エネルギーロス(損失)を減らしたりするコツが詰まっています。

それが「コーチングの原理原則」です。

また、一時的ではなく常にそれが発揮できるよう、自己基盤(パーソナル・ファウンデーション)を整えるということもしています。

この自己基盤が強化されると、より「力まずともエネルギーが高い状態で、自信を持って最高の自分を発揮できる」ようになります。

 

私自身、この原理原則を自分に取り入れ、自己基盤を整えることに取り組んでいくうちに、

自分自身が進化して、より幸せな、より満足した人生を歩んでいることを実感しています。

時間はかかりますが、多くの方にお勧めしたい原理原則です。

 

引き続き、今後もコーチングの原理原則を学ぶ機会をみなさまにご提供していきたいと思っています。

 

なお、この本を使った勉強会「Evolving myself Club(EMC)」は、平日夜都内で開催しています。

11月からオンラインでも提供することにしましたので、ご興味・ご都合の合う方はお気軽にご参加ください。

コーチの方も、コーチでない方も、お互いに学び合う場となっています。

ご都合が合わない場合もご相談に応じますので、ご一報いただければ幸いです。 

 

 

それではまた!

 

 

* … * … * … * …* … コーチ・カリエレの勉強会 … * …* … * … * … *

 

★EMC Online【Zoom】Step1.信じられないほど自分本位になる

 

【日時】2018年11月7日(水)20:00ー21:40(100分)

【場所】Zoom(オンライン)で実施

【参加費】初回につき無料

【内容】トマスが説くコーチングの原理原則を理解し、自己基盤の強化に取り組みます。

【テーマ】信じられないほど自分本位になる/Step1. Become Incredibly Selfish

 

 

★EMC【大崎】Step16.どうしたらあなたが喜ぶかを他の人に示す

 

【日時】2018年11月26日(月)19:00ー21:00(120分)

【場所】大崎第二地域センター・区民集会所(JR山手線 大崎駅徒歩5分)

【参加費】3,000円(事前支払)/ 初参加の方は無料

【内容】トマスが説くコーチングの原理原則を理解し、自己基盤の強化に取り組みます。

【テーマ】どうしたらあなたが喜ぶかを他の人に示す/Step16. Show Others How to Please You

 

※EMC勉強会情報ページはこちら(Evolving Myself Clubのページへ)

 

ご興味・ご都合の合う方の参加をお待ちしています。

 

 * … * … * … * …* … コーチングに興味のある方へ … * …* … * … * … *


若干名パーソナル・コーチングのクライアントを募集しています。

土方のコーチングの考え方、特徴、経歴などはトップページをご覧ください。
 お問い合わせは、お申込みはこちら (お問い合わせのページへ)

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … * … *

 

 

0 コメント

ニーズに注目!(7)

 

こんにちは!

コーチの土方奈々絵です。

 

 

前回は、ニーズに気づく方法をお伝えしました。

  

 

さて、「ニーズ」と一言で言ってきましたが、コーチングで扱うのは「パーソナルニーズ」。

 

ニーズには種類があります。

命を守ったり、維持したりするためのニーズが「サバイバルニーズ」。

いわゆる生存欲求で、食欲や、安全安心の欲求などが当てはまります。

 

それに対して、自分が最高な状態でいるために必要としているのが「パーソナルニーズ」です。

これが満たされていると、本当に自分らしくいられるようになります。

 

 

ただし、パーソナルニーズの中にも、カウンセラーや医療による治癒が必要なものもあります。

そうしたものは、コーチングでは扱えないので注意が必要。

自分のパーソナルニーズが治癒の必要なものなのかを意識して扱うことが大切です。

 

 

そして、パーソナルニーズは人の動機となるもの。

これらのニーズによって触発され、努力し、成果を出してきた人も多いはず。

私も、何かに思いつめるように努力した経験がありますが

ニーズに駆り立てられていた可能性があると思っています。

 

ニーズが動機づけになること自体は否定するものではありません。

そのことに気づいておくことが、ニーズを認識するためには重要です。

 

ただ、ニーズに動機づけされる場合、多くは自分自身を摩耗し疲れさせてしまいます。

自分自身が引き寄せられる「価値」にも気づきにくくなります。

 

「ニーズ」というマイナスのエネルギーをなるべくなくして負担を減らし、

「価値」というプラスのエネルギーによって軽やかに前進すること。

その方が自分らしさを発揮しながら、

本当に自分が望む状態を実現しやすくなります。

 

 

 

さて、1週間にわたり「パーソナルニーズ」について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

みなさんが少しでも「ニーズ」をうまく扱えるようになっていただければ幸いです。

 

 

それではまた!

 

 

 

 【コーチ・カリエレの勉強会はこちら】

7/30(月) Evoloving Myself Club Step13.パーソナルニーズを決定的に満たす

 

 詳細: https://www.coachkarriere.com/evolving-myself-club/

 申込: https://www.kokuchpro.com/event/EMC180730/ 

 

 

 

0 コメント

ニーズに注目!(6)

 

こんにちは!

コーチの土方奈々絵です。

 

 

前回は、最近セミナーをやってみて、自分のニーズに気づいた話でした。

 

 

ところで、

自分のニーズに気づくようになるにはどうしたらいいのでしょう?

 

 

まず、ニーズについて学ぶこと。

私も今度開催するの勉強会の準備を通じて、

新たな学びや発見を得ることができました。

 

その上でニーズのアセスメントに取り組んでみること。

コツの1つは、自分が何かに一生懸命取り組んだ時のことを思い出すこと。

その時、何かに駆り立てられるような感じだったり、

 

それをせずにはいられない感じだったりしたなら、

それはどうしてなのかを考えてみましょう。

 

 

ニーズは人を動機づけするものの1つです。

自分が動機づけされている感覚があるなら、そこにニーズがある可能性があります。

 

(もし、ワクワクしたり、引き寄せられるような感覚があるなら、

それは「ニーズ」ではなく「価値」です。お間違えの無いように!)

 

 

また、日ごろからニーズにアンテナを立てること。

コーチをつけたり、ニーズのアセスメントに定期的に取り組んでみるのもいいですね。

 

アンテナを立てるための1つの方法として、

何か気持ちがモヤモヤするようなことがあった時に

「なんで私はこのことでモヤモヤするんだろう?」と自問してみること。

 

人がネガティブな気持ちになる時は

その発生源に自分にとって大切なことや、望んでいることが潜んでいることが多々あります。

怒りや悲しみの感情でもいいのですが、強い感情を客観的に見るのは最初は難しいので

手始めに「モヤモヤ」を眺めてみることをお薦めします。

 

私も今回、セミナーの自己評価の低さにモヤモヤしていることに気づいて

そこにアンテナを立てていました。

答えはすぐには出てこないかもしれませんが、

問いをもってアンテナを立てておくと、脳がそのうち答えを出してくれます。

 

 

よかったら、やってみてください!

 

 

続きはまた!

 

 

 

 【コーチ・カリエレの勉強会はこちら】

7/30(月) Evoloving Myself Club Step13.パーソナルニーズを決定的に満たす

 

 詳細: https://www.coachkarriere.com/evolving-myself-club/

 申込: https://www.kokuchpro.com/event/EMC180730/ 

 

 

 

0 コメント

ニーズに注目!(5)

 

こんにちは!

コーチの土方奈々絵です。

 

 

前回は、ニーズのアセスメントに久々に取り組んでみた話。

 

 

200個あるニーズのリストのうち、

自分にありそうと思われる10個くらいに○をして

自分にとって一番重要だったり、大切だったりするニーズを

中核となるパーソナルニーズに選びます。

 

私は《仕事》のカテゴリに―にある〈仕事ぶり〉という言葉を選びました。

 

 

というのも…。

先日、目黒区のDカフェにお声がけいただき、セミナーを開催しました。

  ・コーチングを学んだ人が皆無

  ・介護という分野

  ・認知症の方ご本人の参加

  ・「相手も自分も尊重する」というテーマ

今までに経験のない要素が多いセミナーは久々で、

実はとてもチャレンジングなセミナーでした。

 

セミナー後に参加者に書いていただいたアンケートを読むと

目に付くのは自分にとって痛いフィードバック。

アンケートを読みながら、セミナーでの自分を振り返り

「あ~私ってまだまだだなぁ…」と思います。

 

ところが、翌日改めて冷静にアンケートを読み返すと

  「有意義だった」

  「自分がやりたことがまとまった」

  「自分を見つめ直すきっかけになった」

といった前向きなフィードバックもちゃんとある。

 

何より、セミナー直後に

  「来た甲斐がありました!」

と報告してくれた参加者の方もいました。

 

 

 実は、程度の差はありますが、毎回このような感じです。

セミナーに対する自己評価が低い。

冷静に、客観的に分析するとそれなりの成果は出せているはずなのに

そこが最初は目に入りません。

 

セミナーで自分が思っているようなパフォーマンスが発揮できているかどうか。

それがものすごく気になっているのだと思います。

 

 

自分の言葉で言えば、

『有能でありたい』というニーズがあるのだと気づきました。

「有能である」と人に認められたいという気持ちもあるにはありますが、

むしろ、「自分が満足できるレベル」かどうかが基準のように思います。

 

ちょっと前から「私って見栄っ張りかも」と思っていて

それがこのニーズにつながっているかもと気づいて

我ながらものすごく納得しました。

 

この『仕事ぶり/有能でありたい』というニーズの

「自動ニーズ満足システム(ANSS)」をどう構築するか。

今はまだ考え中です。

楽しみながら考えていきたいと思います。

 

 

 

続きはまた!

 

 

 

 【コーチ・カリエレの勉強会はこちら】

7/30(月) Evoloving Myself Club Step13.パーソナルニーズを決定的に満たす

 

 詳細: https://www.coachkarriere.com/evolving-myself-club/

 申込: https://www.kokuchpro.com/event/EMC180730/ 

 

 

 

0 コメント

ニーズに注目!(4)

 

こんにちは!

コーチの土方奈々絵です。

 

 

前回は、ニーズを満たし続けていたら

ニーズによって動かされていた自分が

あまりニーズの影響を受けなくなっていることに気づいた話。

 

 

ちょうど来週の勉強会に使う資料の準備が完了したので、

資料に含まれている「ニーズのアセスメント」を久々にやってみました。

 

アセスメントとは、自分の現状を明確にするための自己チェックリストです。

まず、200あるニーズの選択肢の中から、自分のニーズと思われるものを10個を選びます。

 

リストを眺めながら、

『これがたっぷりあったら、自分が最高の状態でいられるものってなんだろう?』

とイメージしながら考える時間。

 

似たような言葉のニュアンスの違いをイメージして、より自分にマッチする方を内省してみたり。

選択肢を呼び水に、ここにはない、自分にフィットする言葉を探してみたり。

そうやっていくつかに○をしていきます。

静かに自分に向き合う豊かな時間です。

 

 

コーチングを学び始めたころに取り組んだときは、

リストを見てもまったく自分のニーズを見つけられなかったのに、

意識して取り組みつづけていると、だんだんと自分で気づけるようになるから不思議ですね。

 

 

さて、10個ほどに○をつけられたら、

その中から「中核となるパーソナルニーズ」を1つ選びます。

自分にとって一番重要だったり、大切だったりするニーズ。

それと、もう1つ、重要だったり大切だったりするパーソナルニーズを選びます。

まずはこの2つを認識するところからが、ニーズのケアのスタートです。

 

 

続きはまた!

 

 

 

 【コーチ・カリエレの勉強会はこちら】

7/30(月) Evoloving Myself Club Step13.パーソナルニーズを決定的に満たす

 

 詳細: https://www.coachkarriere.com/evolving-myself-club/

 申込: https://www.kokuchpro.com/event/EMC180730/ 

 

 

 

0 コメント

ニーズに注目!(3)

 

こんにちは!

コーチの土方奈々絵です。

 

 

前回は5年前、自分に「可愛がられる」というニーズがあることに気付いたという話。

それ以来、自分のことを「ななちゃん」と呼んでもらうことで

自分のニーズを満たしてきました。

他にも、ダーリンやコーチ仲間に褒めてもらう時の言葉をリクエストしたりして、

このニーズを満たすような仕組みを作ってきました。

 

トマス・レナードはこれを「自動ニーズ満足システム(ANSS)」

(Automated Needs Satisfaction System)と呼んでいます。

 

つまり、自分のニーズを満たされるような仕組みを作るということ。

例えば、周りの人からフィードバックをもらったり、

協力してもらうようリクエストしたりすることで

自分のニーズを満たす工夫をするということです。

 

そして…

そうやってニーズを満たし続けていると、

それまでニーズによって駆り立てられていた行動をしなくなります。

 

 

私の場合は、

最近は「ななちゃん」と呼んでもらっても、呼ばれなくても

あまり差を感じなくなってきました。

 

そして、

 

以前は「周りの人よりも自分が一歩後にいることで可愛がられる立場にいる」

つまり、意識的に自分の立ち位置を周りより低く置いていることが心地よかったように思います。

(先輩に対してどこか上下を感じて、本当の意味で対等ではありませんでした。)

今はそんなことはなく、同じ高さに居ても心地よくいられるようになりました。

 

これがまさに、「パーソナルニーズを決定的に満たす」ということなのだと実感しました。

 

 

 

続きはまた!

 

 

 

 【コーチ・カリエレの勉強会はこちら】

7/30(月) Evoloving Myself Club Step13.パーソナルニーズを決定的に満たす

 

 詳細: https://www.coachkarriere.com/evolving-myself-club/

 申込: https://www.kokuchpro.com/event/EMC180730/ 

 

 

 

0 コメント

ニーズに注目!(2)

 

こんにちは!

コーチの土方奈々絵です。

 

さて、前回からニーズの話。

実はコーチングを学んでも、しばらくは

ニーズとはなんだかよくわからなかったのですが…。

 

 

5年くらい前に、とあるコーチ向けのトレーニングに参加した時のことです。

その時のテーマはエネルギーチャージ。

何故かその日は自分のエネルギーが落ちていたので

あるワークの被験者に手を上げました。

 

それは承認という、「相手のことを認める」ワークで、

他の参加者が私に向けて承認の言葉をカードに書いて

1人1人私に声をかけながら渡してくれたんです。

 

私のことをこんな風に見てくれている。

こんな風に受け入れてくれている。

仲間からの言葉がボロボロ泣くほど嬉しくて、

その時もらったカードは今でも宝物です。

 

ワークが終わった後、不思議なことに

カードに書いてある呼ばれ方の違いで

響く度外が異なることに気づきました。

 

「土方さん」

「奈々絵さん」

「ななえちゃん」

 

『ちゃん付で呼ばれた方がしっくりくるなぁ。より自分に入ってくるなぁ…』

と感じました。

 

 

その日、今度は例のニーズのアセスメントに取り組む機会がありました。

沢山の言葉の中からいくつか○をした中で

「可愛がられる」という言葉にピンときました。

 

『ああ!これだ!これがないと自分が最高な状態でいられないもの!』

「可愛がられる」というニーズがあるのだと、はっきり自覚したのでした。

 

 

そして、ニーズは人に満たしてもらうのではなく、自分で満たしていくことが必要。

だから、何かそうした工夫や仕組みを作るといいですよ、というお話でした。

 

そこで思い立ったのが、みんなに「ななちゃん」と呼んでもらうこと。

学生時代、サークルのあだ名づけで決まったあだ名が「ななちゃん」。

先輩や友達から親愛の情がこもった「可愛がってもらう」感じで

「ななちゃん」と呼んでもらうのがとっても嬉しかったことを思い出したので…。

 

それ以来、自己紹介の時には

『「ななちゃん」と呼んでもらえると嬉しいです!』と一言付け加えるようにしました。

多くの人から「ななちゃん」と呼んでもらうようになってから、

よりみなさんの親愛の情を感じましたし、自分も満たされる感覚が強くなったように感じます。

 

 

続きはまた明日!

 

 

 

 【コーチ・カリエレの勉強会はこちら】

7/30(月) Evoloving Myself Club Step13.パーソナルニーズを決定的に満たす

 

 詳細: https://www.coachkarriere.com/evolving-myself-club/

 申込: https://www.kokuchpro.com/event/EMC180730/ 

 

 

 

0 コメント

ニーズに注目!(1)

 

こんにちは!

コーチの土方奈々絵です。

暑い日が続きますね!

 

さて、来週7月30日に開催する勉強会、EMCのテーマが「ニーズ」。

ここのところ、自分が持っている「ニーズ」にアンテナが立っています。

 

 

「ニーズ」とは…

これが満たされないと自分らしくいられない!という欲求。

自分が最高の状態であるために不可欠なもので、

人が何かをするモチベーションの1つです。

これを満たしたいがためについ行動してしまうような…。

 

 

実は、コーチングを勉強した時にこの「ニーズ」と、

もう1つ「価値」という概念があって、

最初はあまりよく分かりませんでした。

 

ちなみに「価値」とは

それにワクワクしたり、高揚したりして惹きつけられるもの。

これを求めて人が動いてしまうもの、です。

 

今では説明できるのですが、

コーチングを学び始めたころはなんのことだかよくわかりませんでした。

自分の価値やニーズを知るアセスメントというものがあって、

どちらも同じような言葉が沢山並んでいて、

「自分のニーズor価値に○をしてみましょう」とあるんです。

違いがよくわからないまま、『これでいいのかなぁ?』と思いながら

○をしていたのを思い出します。

 

 

そんな状態だったのが、少し自分のことがわかってきて。

今日マイコーチとセッションしたらなおよくわかってきて。

せっかくなのでそれを書きますね。

 

続きはまた明日!

 

 

 【コーチ・カリエレの勉強会はこちら】

7/30(月) Evoloving Myself Club Step13.パーソナルニーズを決定的に満たす

 

 詳細: https://www.coachkarriere.com/evolving-myself-club/

 申込: https://www.kokuchpro.com/event/EMC180730/

 

 

 

0 コメント