Blog Category:  Attraction Principles

ブログの中から「Attraction Principles(引き寄せの原理原則)」に関する記事を集めています。

相手の可能性を信じているか?

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

  

 

コーチングを学ぶ中で、素晴らしい考え方にいくつも触れてきましたが

その中の1つに「相手の可能性を信じる」という言葉があります。

 

人は元々完全であり、その時その人が何か問題を抱えていたとしても、その人自身が根本的に悪いということではない。

その人が目指しているもの、目標やゴールを達成する力は埋もれているだけ。

答えはその人の中にある。

 

などなど、こうした考え方に触れる度にワクワクし、コーチングに惹かれる気持ちを感じます。

 

 

国際コーチ連盟(ICF)が定めるコア・コンピテンシー(下記注)でも次のような項目があります。

 

・クライアントの新しい振る舞いや行動に、リスクや失敗への怖れが含まれていたとしても、クライアントを支え、継続的なサポートを提供している

 (B 関係性を共に築く/01.クライアントと共に信頼と安心感を作り上げる)

 

・クライアントの成功と、今後成長する可能性について祝福している

 (D 学びと結果を促進させる/02.行動のデザイン)

 

他の項目も、全体を通して「クライアントの可能性を信じる」という思考が背景にあると感じられます。

 

 

以前コンサルタントの仕事をしていた際、上司から「クライアントを疑え(=味方と思うな)」と散々言われ

「相手の言動には裏があるのではないか」「腹の底では何を考えているのか」と

考えようとして苦しくなって、精神的に参ってしまった経験があります。

だからこそ、こうした「人のいい面を見る(性善説)」というスタンスに惹かれるのかもしれません。

 

 

これらの考え方を素晴らしい!と思っていますが、実践するのは案外難しいと感じたことがあります。

 

大学に勤めていたとき、キャリア支援の部署に異動になりました。

既にコーチングを学んでいたので、その知見を活かして学生の就職相談に取り組みました。

 

少しして、特に大手企業を志望する学生の態度や意識の持ち方などのレベル感から

「(志望先に受かるのは)無理だろうな…」と思いつつ相談に乗っていることに気づきました。

自分でそのことに気づいた時、「学生を信じていないじゃない!」とひどく落ち込んだことを覚えています。

 

気持ちとしては信じてあげたい。

でも、明らかに身の丈を超えた志望先だし、どこから手をつけたらいいかというレベル感。

この状態でどうやったら学生を信じてあげられるのか…。

自分の中でモヤモヤしながら試行錯誤する時期が続きました。

 

結果は…時間が解決しました。

学生は就職活動を通してものすごく成長します。

大手はESの段階でNGだった学生が、中小の優良企業から「是非来てほしい」と内定をもらう。

相談中に不安からわんわん泣いていた学生が、落ち着き始めた途端に内定が出る。

3カ月前は挨拶もろくにできなかった学生が、就職先を決め、職員にお礼を伝えに来るようになる。

 

「『無理だ』と決めつけるなんて、なんておこがましいんだろう」と思うようになりました。

 

 

「彼らが出来ると当然のように思いなさい。

大抵は、彼らがその挑戦にどれほど上手く対応できたかに嬉しく驚かされることになる!

(中略)

間違いは大いなる教師であるが、人々は判断を下さない環境の中でさらに学ぶ立場にある。」

(「The Portable Coach」ステップ22.無条件に建設的な人間になりなさい/No.8)

 

 

今でも、正直に言うと、「(今のままでは)難しいかな…」と思ってしまうことは多々あります。

まだまだだな、と自分でも思いますが、前と違うのは

「この学生が成長できるよう、私が出来ることは何か」に焦点を切り替えることです。

ゴールに焦点を当てるのではなく、学生自身に焦点を当てる。

そうして関わっていけば、いつかはこの人は進化するのに最適なゴールに自ずと辿り着く。

「目の前の学生は成長途上である」と信じて関わり続けています。

 

同じように、 私自身も「成長途上である」と信じています。

 

 

あなたは目の前の相手をどのように信じて関わっていますか?

 

 

 それではまた!

 

(注)コア・コンピテンシー(核たる能力水準)

   プロコーチが持つべきアプローチやスキルについて、国際コーチ連盟(ICF)がまとめた世界的な基準。

   参照: http://icfjapan.com/competency

 

 

 

0 コメント

コーチングはコミュニケーションスキル?

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

 

 

 みなさんは

「コーチングとは、コミュニケーションスキルである」

といった説明を聞いたことはありますか?

 

コーチングには様々な要素が含まれていているので(詳しくはまたいつか)、この説明も強ち間違いではありません。

コーチングにおいてコミュニケーションスキルは主要な要素であることは間違いないでしょう。

コミュニケーションスキルを磨きたいという理由で、コーチングを学ぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

では、どうしてコミュニケーションスキルを学ぶ必要があるのでしょうか?

 

人は社会性の動物なので、つまり集団で協力し合って生きていく必要があるので、

「人と関わる」ことが物理的にも、精神的にも重要です。

良好な関係を創るためには「良好なコミュニケーション」を取る必要があります。

しかし、基本的なコミュニケーションは日常の中で自然と身につけることが多く、

学校教育においてもコミュニケーションスキルを学ぶ機会はそれほど多くありません。

 

「人と良好に関わる方法」を学ぶために、

コーチングを通じてコミュニケーションスキルを学ぶことはとても有用だと思います。

 

 

さて、「コミュニケーションスキル」と一言で言っても幅が広いですよね。

トマス・レナードは、コミュニケーション・スタイルを向上する方法を100個挙げ、

次の10の領域にまとめています。

 

  1.どのくらい良い印象を与えているか?

 

  2.どのくらいよく聞いているか?

 

  3.どのくらいよく理解されているか?

 

  4.何について話しているか?

 

  5.どのくらいよく会話を交わしているか?

 

  6.どのくらい信じられているか?

 

  7.どのくらい前向きか?

 

  8.どのように他の人に影響を与えているか?

 

  9.どのくらい効果的にコミュニケーションをとっているか?

 

  10.どのくらい気づいているか?

 

各設問に2つの文章があって、対比しながら自分の状態をチェックするアセスメントになっています。

例えば…

 

一方的に話す 123 人と分かち合う

 

主に事実、情報を聞いている 123 言葉の裏にあるものを聞いている

 

知っていることを話す 123 学んでいることを話す

 

私に興味を持たせる 123 私が興味を持っている

 

聴くよりも話す 123 話すよりも聞く

 

情報を提供している 123 自然と触発している

 

いかがですか?

このように、より細かいチャンク(塊)に落とし込むと

コミュニケーションで意識するポイントもわかりやすくなりますね。

 

 

トマス・レナードは、さらに、コミュニケーションについて次のように述べています。

 

 「コミュニケーションが流れる時、人々はそこで感じる最良のもの―ふれあいを感じる。

 (中略)

あなたが人々に影響を与える時、あなたの言葉や振る舞いの何かが彼らに触れる時、

あなたは彼らの人生に付加価値を与えているのだ。」

 (「The Portable Coach」ステップ6.他の人に奥深く影響を与えなさい 前文)

 

これを読んだとき、

コーチングとはまさに「人に良い影響を与える関わり方」でもあると思いました。

コーチングを学ぶことは、自分との関わり方と、他の人との関わり方、その両方を学ぶこととも言えます。

 

 

子どもが親の言い方や口調をまねて言葉を覚えるように、

新人が上司の言葉遣いを取り入れて社会人らしい話し方になっていくように、

コミュニケーションはコミュニケーションの中でこそ学ぶことが出来ます。

 

コーチングに携わるものとして、これからも

少しでも「人に良い影響を与える関わり方」を実践し、

良いコミュニケーションを拡げていくことを目指していきます。

 

 

それではまた!

 

 

  

0 コメント

人格を高めることは必要か?

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

 

 

 

みなさんは「人格を高める」と聞いて、

どのようなイメージをお持ちですか?

 

 

以前にも書きましたが、

私はかつて自分自身に嫌なところがあって、

自分に自信がない状態が長く続いていました。

その一環として「人格を高めたい!」という思いがあったように思います。

 

  自分を成長させる→人格を高める→自信を持っている

 

そんなイメージを持っていたのかなと今となっては思います。

 

 

 

では、具体的にどうだったかというと…。

 

高校時代の自分が嫌で、大学入学時から理想の自分を演じようとしましたが、

疲れて結局は演じるのをやめました。

 

社会人になって勤め始めてからも「大人の女性になるんだ!」と思って

大人っぽい服を選んで着てみたら、

「おばさんみたいで似合わない」と言われたことも…。

 

社会人になって営業の仕事をやっていた時、

しんどくなって、心療内科に通ったことがありました。

その時も、そんな風になってしまった自分が嫌で仕方がありませんでした。

 

でも、その時診てくださったお医者さまご夫婦の

とても穏やかで、淡々としてはいるけれどほのかに温かい感じが印象的でした。

お2人の様子がとても美しく、憧れを感じる「あり方」というものを

その時初めて実際に見たように思います。

 

 

その後も、「自分を成長させよう!」と試行錯誤していくのですが

自信のなさはなかなか消し去ることが出来ませんでした。

結局は「ありのままの自分を受け入れること」ができるかどうかだ、

ということが分かってはきたものの

実際どうしたらいいのかわからない、という状態が続きました。

 

 

コーチングを学んで最も良かったと思うことは、自分自身を知るという姿勢を培ったことです。

自分の「いいところ」「悪いところ」という評価を手放し、

自分自身を「ありのまま」に見て、受け入れるというトレーニングを積んだおかげで、

自信のなさもいつの間にか気にならなくなりました。

 

そして、コーチングのおかげで、

「ありのままの自分」を受け入れ、自分を出すと同時に、

自分の考え方や視点、価値観、人との関わり方を変える、つまり「あり方」を変えていくことで、

ありのままの自分でいても幸せな、満足した生き方を実現していけるようになりました。

 

 

ところで、今度のEMC勉強会で扱う「Step20.必要以上に人格を成熟させる」では、

ステップの本文そのものが人格を高めるためのアセスメント(チェックリスト)になっています。

 

全部で100項目、まさに「あり方」に関する項目が並んでいます。

例えば…

 

・確信: 私は少なくとも10個の物事を支持しており、確固たる自分を持っている。

・身なりの良さ: とてもカジュアルな時でも、私は常に並外れて良く見える。

・尊重: 私は他の人のどんな局面も侵害しない。

・自信を持つ: 私は、自分の内側の深いところから自信が湧いているのを感じている。

・自発的: 私は自分を動機づけるのに、他の人や起こり得る結果を当てにしない。

・受容: 私はそうあるものに抵抗しない。人々がありのままであるようにさせる。現実を受け入れる。

・冒険的: 私は活発に新しい人々やアイデア、活動、プロジェクトを探す。

・率直: 私はいつもざっくばらんで、遠慮がない。

・軽やか: 私にとって物事は大事だが、過度に意味を持ったり、重要だったり、重苦しかったりしない。

・明確さ: 私はシンプルに話す。容易に理解してもらえる。

 

これを読むと、お世話になった心療内科の先生方と、

敬愛する先輩コーチのみなさん、それぞれの「あり方」を思い起こします。

 

 

改めてこのアセスメントを見てみると、

「人格を高める」というのは結局、

「あり方」を整えていくということなのではないかと思います。

 

そして「人格を高める」ことは、

自分自身が心から満ち足りた人生を送るためにも、

とても大事なことなのだと改めて腑に落ちました。

 

このアセスメントを指標に、

自分を変えようとするのではなく、

自分を高めていきたいなと改めて思っています。

 

 

 

それではまた!

 

 

  

0 コメント

楽しくて仕方がないことでお役に立つ!

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

 

 

 

前職を辞めて、コーチの活動を本格化するにあたって

一番の悩みは「コーチングでいかに稼げるようになるか」でした。

 

多くのコーチがこの点で苦労しているのは分かっていましたし、

営業職の経験から自分が売り込み下手なことも分かっていましたので

独立した人向けのビジネスの勉強会などに参加したりして、自分なりに試行錯誤していました。

マイコーチとも「どうやってコーチングをビジネスとしてやっていくか」というテーマを良く扱いました。

 

ところが…「売ろう」とすると、

少なくとも「売りたい!」「稼ぎたい!」という欲のような気持ちがあると、

自分のモチベーションは下がるし、相手にも上手く向き合えない。

(営業職だった時とまったく変わりません!)

「売る」ためにやったらいいと勧められたことをやっても長続きしない。

気持ちは焦るばかりで、まったくもって上手くいく気配はありませんでした。


EMC勉強会も、単純にトマスの本の内容が素晴らしいから、

本の内容をもっとみんなに知って欲しい!と思って始めたのに、

「ビジネス」と思って戦略的なことを考え始めると思考が停止する有り様。

 

 

ある時、マイコーチとのセッションの結果、

「稼ごう」という気持ちを手放してみることにしました。

少なくともその気持ちがあると、自分自身が心地よくない。

自分ができることで誰かのお役に立つことをする!

そこに焦点を当ててみることにしました。

 

最初はなかなか「稼ぎたい」という気持ちを手放せませんでした。

でも、少しずつそれができるようになったら気持ちが楽になりましたし、

より「自分に何ができるか?」という問いに焦点を当てられるようになりました。

お金のことは考えずに、勉強会の中身をより良くすること、

トマスに引き寄せられる気持ちに純粋に従うことを続けてきました。

 

 

「自分自身、もしくはあなたが提供することを人々に押し付けるのを止めると、

即座にあなたはもっと魅力的になる。

(中略)自分たちが提供するものを強く押し付けていて、

実際に喜びを体験している人はほんのわずかだ。」

(「The Portable Coach」Step5. そうする喜びのためだけに付加価値を与える[No.4])

 

 

少なくとも今は、

自分がやりたいことをやっているし、やっていること自体が楽しい!

そこから学びたい!楽しい!と参加してくださる方がいる。

ありがたいことにそれでお代をいただいている。

とても、とても幸せです。

参加してくださる皆さん、本当にありがとう!

 

先日コーチングバンク主催の勉強会に登壇するにあたって、

どうやったらトマスの世界観が伝わるかを考えるのも、

彼自身や引き寄せの原理原則(Attraction Principles)についてさらに調べるのも、

どんなワークをやったら自分自身にもっと焦点を当たるのかを考えるのも、

当日ファシリテーションをするのも、

もう楽しくて仕方ありませんでした!

 

もっともっとトマス・レナードのこと、引き寄せの原理原則のことを知りたいし、

知ったことをみんなにもシェアしたい!

そしてそれが、少しでも誰かのお役に立てたら嬉しい!!

 

その純粋なエネルギーに沿って行くのでいいんだな、と改めて感じています。

  

 

 

それではまた!

 

 

 

 

0 コメント