Blog Category: About Myself

ブログの中から「About Myself(土方奈々絵について)」に関する記事を集めています。

自信がない自分は魅力的でない?

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

  

 

今日は、自分でも書くのに「ちょっと勇気がいる」経験を書こうと思います。

 

以前にも書きましたが、私はずっと、自分に自信がありませんでした。

 

理由はいくつもありました。

まず、体力がなくて、身体が弱いこと。

毎月のように急に体調が悪くなって休んでしまったり、冬は風邪で3日間寝込んでしまったり。

みんなは毎日ちゃんと会社に来ているのに、自分はなんでこんなに身体が弱いんだろう…と思っていました。

人と同じようにできないのは、心が弱いからではないかと内心思っていました。

突然休むため、仕事にも影響が出て周りの方に迷惑をかけてばかりで、とても気が引けていました。

 

また、自分なりにお客様と関係を築きながら営業の仕事をしていましたが、

目標達成のために、トップセールスマンの上司のやり方を指導されました。

特に「戦略を立てる」のが苦手で、「上司のようにできない=自分は仕事が出来ない」と思っていました。

長期プロジェクトの契約が立て続けに実り、入社4年目で全社売上トップになったのに

「嬉しい!」と思うより、「来年から(契約になる案件がなくて)どうしよう…」と塞ぎ込んでいました。

 

プロジェクトが一息つく頃には、会社には行くけれどまったく仕事が手につかない状態に。

自分でもまずいと思って心療内科に駆け込むと、うつ寸前と診断され1カ月休職しました。

当時はうつになる人はまだ少なく、「私は心が弱い、ダメな人間なんだ」という自己認識に拍車がかかりました。

 

復職して事務系の仕事に転換するも、いたたまれない毎日。

これではいけないと、マーケティングに興味があったこともあり、PRコンサルタントに転職しました。

最初はよかったけれど、今まで以上に丁々発止のコミュニケーションを求められる仕事で、

1年くらい経ったある日、突然、まったく起き上がれなくなりました。

クビ同然で仕事を辞めさせられました。

この時は「本当に私はダメな人間なんだ…」と思いました。

本当に、自分自身にとって魅力的でない状態のどん底でした。

「自殺だけはするまい」と心に決めて、でも途方に暮れていたのを覚えています。

 

その後、派遣でいくつか事務仕事をしながら体調を整え、ご縁があって大学職員の仕事に就くことになりました。

目の前の仕事に取り組むことで少しずつ自分を取り戻していきました。

そして、人の成長、心理の知識、様々な考え方や視点に触れる機会があり、コーチングを学ぶようになりました。

自分自身を知る機会は増えましたが、自信がない状態は変わりませんでした。

 

自信のなさを感じなくなったのは、夫の関わりのおかげです。

コーチングを学び始めて数年、大学の仕事の傍らコーチとしても活動を始めました。

ところが、コーチとして人の話を聴くこと、セミナーでファシリテーションをすること、

何をやっても「上手くできている」と思えず、「コーチとして」の自信が持てませんでした。

そしてある日、また、まったく動けなくなってしまいました。

そんな自分が本当に嫌で嫌で仕方がありませんでした。

 

当時、夫とは結婚前で、デートでよく散歩に出かけていました。

「もうコーチを辞めようと思う」と私が切り出した言葉と表情に何か感じたのでしょう。

都内の広々とした公園を2人並んで歩きながら、彼は私の話をずっと聴いてくれました。

私は、これまで書いてきたような経験と、自分が「ダメ」である理由を延々と述べ、

いかに自分が「コーチに向いていないか」「ダメな人間か」について語りました。

2時間くらいは話していたのではないでしょうか。

話が落ち着いたところで、それまでずっと話を聴いていた夫がこういいました。

 

「そんな奈々絵だからこそ、コーチとして支援してあげられる人がいるんじゃないかな」

 

この一言がすーっと染み入りました。 

「そうか。私がやれることをやるのでいいんだ」と思いました。

自分についていた何かがさーっと落ちていくのを感じました。

 

その後、「自分がやれることをやる」をモットーとして、 やれることを1つずつやってきた結果、

今、こうしてみなさんにメールニュースをお届けしています!

 

 

2.他の誰かの期待に答えようとするのをやめ、自分自身の期待に答えようとし始めなさい

4.他の人とあなた自身を比べるのをやめ、自分自身の基準を識別し始めなさい

5.仕向けるのをやめ、人生が楽になるようにし始めなさい

9.誰かになろうとするのをやめ、まさしく自分自身でありなさい

(「The Portable Coach」ステップ8.自分自身にとってたまらなく魅力的になりなさい/各No.タイトル)

 

 

私の場合、これらのタイトル通り、

周りの人や成果にばかり焦点を当て、本当の意味で自分に焦点を当ててきませんでした。

ありのままの自分を見ようとせずに、自分を大切に扱ってこなかったということでもあります。

自分に自信が持てないということは、自分を好きになれないし、自分自身が魅力的に感じられません。

  

それに対し、彼が私のありのままを受けとめてくれたおかげで、

ありのままの自分を受けとめることとはどういうことなのかを体感的に教わりました。

彼は常に私自身に焦点を当ててくれ、自分自身を大切にするよう促してくれています。

これ以来、地に足がついた感覚があり、自信のなさとともにあった不安や恐れに襲われることはありません。

今の自分を好きだという感覚もあります。

 

 

最後に、トマスの言葉の中で最もお気に入りを紹介したいと思います。

 

 

「もし自分自身にとってたまらなく魅力的だと感じないなら、あなたはどうやって他の人を引き寄せることができる?」

(「The Portable Coach」ステップ8.自分自身にとってたまらなく魅力的になりなさい/サブタイトル)

 

 

 それではまた!

 

 

 

 

 

0 コメント

相手の可能性を信じているか?

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

  

 

コーチングを学ぶ中で、素晴らしい考え方にいくつも触れてきましたが

その中の1つに「相手の可能性を信じる」という言葉があります。

 

人は元々完全であり、その時その人が何か問題を抱えていたとしても、その人自身が根本的に悪いということではない。

その人が目指しているもの、目標やゴールを達成する力は埋もれているだけ。

答えはその人の中にある。

 

などなど、こうした考え方に触れる度にワクワクし、コーチングに惹かれる気持ちを感じます。

 

 

国際コーチ連盟(ICF)が定めるコア・コンピテンシー(下記注)でも次のような項目があります。

 

・クライアントの新しい振る舞いや行動に、リスクや失敗への怖れが含まれていたとしても、クライアントを支え、継続的なサポートを提供している

 (B 関係性を共に築く/01.クライアントと共に信頼と安心感を作り上げる)

 

・クライアントの成功と、今後成長する可能性について祝福している

 (D 学びと結果を促進させる/02.行動のデザイン)

 

他の項目も、全体を通して「クライアントの可能性を信じる」という思考が背景にあると感じられます。

 

 

以前コンサルタントの仕事をしていた際、上司から「クライアントを疑え(=味方と思うな)」と散々言われ

「相手の言動には裏があるのではないか」「腹の底では何を考えているのか」と

考えようとして苦しくなって、精神的に参ってしまった経験があります。

だからこそ、こうした「人のいい面を見る(性善説)」というスタンスに惹かれるのかもしれません。

 

 

これらの考え方を素晴らしい!と思っていますが、実践するのは案外難しいと感じたことがあります。

 

大学に勤めていたとき、キャリア支援の部署に異動になりました。

既にコーチングを学んでいたので、その知見を活かして学生の就職相談に取り組みました。

 

少しして、特に大手企業を志望する学生の態度や意識の持ち方などのレベル感から

「(志望先に受かるのは)無理だろうな…」と思いつつ相談に乗っていることに気づきました。

自分でそのことに気づいた時、「学生を信じていないじゃない!」とひどく落ち込んだことを覚えています。

 

気持ちとしては信じてあげたい。

でも、明らかに身の丈を超えた志望先だし、どこから手をつけたらいいかというレベル感。

この状態でどうやったら学生を信じてあげられるのか…。

自分の中でモヤモヤしながら試行錯誤する時期が続きました。

 

結果は…時間が解決しました。

学生は就職活動を通してものすごく成長します。

大手はESの段階でNGだった学生が、中小の優良企業から「是非来てほしい」と内定をもらう。

相談中に不安からわんわん泣いていた学生が、落ち着き始めた途端に内定が出る。

3カ月前は挨拶もろくにできなかった学生が、就職先を決め、職員にお礼を伝えに来るようになる。

 

「『無理だ』と決めつけるなんて、なんておこがましいんだろう」と思うようになりました。

 

 

「彼らが出来ると当然のように思いなさい。

大抵は、彼らがその挑戦にどれほど上手く対応できたかに嬉しく驚かされることになる!

(中略)

間違いは大いなる教師であるが、人々は判断を下さない環境の中でさらに学ぶ立場にある。」

(「The Portable Coach」ステップ22.無条件に建設的な人間になりなさい/No.8)

 

 

今でも、正直に言うと、「(今のままでは)難しいかな…」と思ってしまうことは多々あります。

まだまだだな、と自分でも思いますが、前と違うのは

「この学生が成長できるよう、私が出来ることは何か」に焦点を切り替えることです。

ゴールに焦点を当てるのではなく、学生自身に焦点を当てる。

そうして関わっていけば、いつかはこの人は進化するのに最適なゴールに自ずと辿り着く。

「目の前の学生は成長途上である」と信じて関わり続けています。

 

同じように、 私自身も「成長途上である」と信じています。

 

 

あなたは目の前の相手をどのように信じて関わっていますか?

 

 

 それではまた!

 

(注)コア・コンピテンシー(核たる能力水準)

   プロコーチが持つべきアプローチやスキルについて、国際コーチ連盟(ICF)がまとめた世界的な基準。

   参照: http://icfjapan.com/competency

 

 

 

0 コメント

自分が提供しているものは何?

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

  

平成から令和へと時代が移る大型連休、いかがお過ごしでしょうか?

かつて昭和から元号が変わる時、小渕さんが掲げる「平成」という文字を見ながら

「何かが変わるんだ!」と少しドキドキしたことを思い出します。

みなさまにとって、ますます素敵な時代になりますように!

 

 

さて、私が初めてトマス・レナードのことを知ったのは、2010年(平成22年)のことです。

コーチ仲間のKさんからトマスのセミナーを一緒にやらないかというお誘いを受けました。

Kさんはトマス・レナードが大好きで、仲間を募って『ポータブル・コーチ』の勉強会を開催し、

それを題材にしてセミナーを開いたことがありましたが、再度何かをやりたいと仲間を募っていました。

コーチングに惹かれていた深い部分はトマスに由来するらしいと知り、私は参加を決めました。

 

5年ぶりのセミナーの題材に選んだのは、トマスがコーチヴィルの同僚デイブ・バックと共に書いた

『Full Practice for Coaches(コーチのための完全な実践)』という本です。

プロのコーチとして実践すべきことが、20セクション、100レッスンにまとめられています。

この最初のセクション「自分自身と自分のサービスを知る」を扱いました。

 

 

セミナーで最も印象に残ったワークは、自分が提供している価値を他の人々に聞いてくる、というものです。

自分のクライアントや取引先などのお客様と個別に時間を取って、

「自分が提供しているものが何か」を聞いてくるという事前課題を出しました。

 

私自身も自分自身が提供しているものは何かを他のコーチ仲間に聞いてみましたが、

何人もの人に「ななちゃんには癒されるんだよね…」といったコメントをいただき、

予想外の方向性にびっくりはしたものの、数人の人に言われると妙に納得したのを覚えています。

 

 

ちなみに、私は学生の就職相談でも、学生にこれをやってみるよう勧めています。

自己分析の手法に「他己分析」という自分の強みや長所を他者に訊くというワークがあるのですが

それをアレンジして、ゼミやサークル、アルバイト先の仲間や先輩後輩などの第三者数人に

自分の特徴的なところを場面や状況、自分の言動なども含めて具体的に聞いてくるようアドバイスします。

学生に感想を聞いてみると、意外な自分を発見して自己理解を深めたり、

自己アピールに活用できそうだと感じてくれたりすることも嬉しいですが、

何より学生の自己肯定感が上がって、エネルギーが上がっている様子にこちらも嬉しくなります。

 

 

こうしてみると、ビジネスや仕事に限らず、

プライベートでも、日常の些細な場でも、人は自然と価値を提供しているのだと思います。

 

「もし自分が上手くできることについて気後れするなら、あなたはまったく魅力的ではない。」

(「The Portable Coach」ステップ7.自分の才能を恥じることなくマーケティングしなさい 副題)

 

そう、自分が提供しているものを理解し適切に扱うことは単に自分を売り込むためではなく、

自分自身をさらに発揮するためにとても重要で、より幸せを感じて生きていくために必要なことなのです。

 

 

さぁ、あなたも自分が何を提供しているのか、知りたくありませんか?

他の方はあなたが提供している「価値」をどのように表現してくれるでしょう?

 

 

それではまた!

 

 

 

 

0 コメント

自分の中の負の感情に向き合うとどうなるのか

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

 

 

トマス・レナードは

「混乱した感情は強力で、教師として非常に有効である」(The Portable Coach: Step3導入部)と言っています。

 

自分の中に怒りや悲しみ、恐れ、モヤモヤなどの感情が起こる時、

その背後で何が起こっているのかを探っていくことは、自分自身をより深く理解する機会となります。

とはいえ、そうした「負の感情」に向き合うことは、とても辛かったり苦しかったり、

嫌な自分に向き合うことでもあるので、「避けたい」「見たくない」と思うのも無理はありません。

 

負の感情に向き合うにはどうしたらいいのか?

向き合って気づいたことをどのように活かしていくのか?
参考になればと思い、少し長くなりますが私自身の経験をシェアいたします。

 

 

 

ことの発端は、数人で「在り方」について話をしている時のことです。

ある方が、他の参加者の方の「在り方」についてネガティブな指摘をしました。

そのことがきっかけで、お2人が口論のような言い合い状態に陥ってしまいました。

 

その間、私はそれぞれの方に何が起こっているのかにアンテナを立てて話を聞いていました。

その中でお2人の「課題」と思われるものを感じましたが、

感情的になっているお2人の前でセンシティブな内容をフィードバックしてもご本人が受け止められるとは思えず、

かといってどのようにその場に関わっていったらいいのか、分からなくなってしまいました。

 

(私はここで「課題」という言葉を、「自分が進化するために取り組むテーマ」という意味合いで使っています。

「課題」という言葉に抵抗がある方は、ご自分に合う言葉に置き換えてお読みください。)

   

このように人が対立した時、それぞれの言い分に共感して混乱することが今までもあったことを思い出しました。

上手くお2人に関われなかった後悔、残念な気持ち、自分の不甲斐なさ、などなど

寝付けなくなってしまうほど心がざわめき続けたので、ここにある私自身の「課題」に対応すると決めました。

 

  

そこで、この経験から課題として自分が学ぶことをテーマに、マイコーチにセッションをお願いしました。

改めて、その時の自分の思考、感情、欲求(ニーズ)、行動に焦点を当てて振り返っていく中で、

ネガティブな感情を突き付けられるとショックで思考がフリーズすること、

冷静に客観的な立ち位置で関わろうとしていたつもりでも、
共感性の強みを発揮してお2人と一緒に揺れ動いていた自分に気づきました。

そして、今後同じような状況が起きた時に自分がどうあったらいいのか、

具体的にどう関わっていくことが可能かを話しました。

 

(「ニーズ(欲求)」とは、自分自身が最高の状態でいるために満たされなければいけないものです。

自分の存在を認めてほしいという「承認欲求」を例にとると、

満たされないととても苦しかったり辛かったりなど負の感情を持ち続けることが多く、

欲求を満たすために事件を起こすなど、行動の動機となり得るものです。)

 

 

そのセッションで色々なことが明確になったおかげで、一旦心のざわざわは落ち着いたのですが、

しばらくすると別のざわざわが起こってきました。

最初は他のことに集中して忘れようとしましたが、ふと気が付くとこのことを考えている自分がいます。
これはもう、心が結論を出すまで徹底的にこの「ざわざわ」に付き合ってみるしかないと思いました。

 

正直、このざわざわに付き合うのはとてもしんどかった…。

気分が上がらないのはもちろん、何をしていても自分のエネルギーがロスし、下がり続けるのを感じていました。

パフォーマンスが下がったことにも参りました。
引き続きよく眠れず、腰の強張りが痛くて仰向けになれず、以前痛めた膝の痛みもぶり返しました。
何より、自分の中のネガティブな感情に気づいて、自分の未熟さを痛感し痛さを何度か味わいました。

  

ターニング・ポイントは「(相手に)~してほしい」という思いがあることに気づいたことです。

「~してほしい」という表現は、まさにそこにニーズがあるということじゃない?

そう思って焦点を当てていくと、自分に「間違えたくない」というニーズがあることに気がつきました。

 

気づいた瞬間、身体の中心からスコンと何かが抜け落ちるような感覚を感じました。

そして、安堵の感情が沸き起こり、続いて目頭が熱くなりました。

手放したくても消えなかった心のざわざわが、すっと退いていくのがわかりました。

爽快な気分が戻ってきて、次第に体の不調も快方に向かいました。

 

  

以上が私の経験です。

自分のニーズに気づくことはとても難しいので、負の感情からニーズを実感できたことは大きな発見でした。

その後『自分の言動の中に「間違えたくない」と言うニーズがあるのでは?』というアンテナが立ち、

 日々の中で『あれ、これって「間違えたくない」ニーズに起因してない?』と気づいて噴き出すこと数回。
自分の痛いところを笑い飛ばせるようになって、進化のプロセスを一歩進んだように感じています。

  

このニーズをどう満たしていくかは次の課題です。

しかし、この経験から多くの学びを得て、自分の課題に向き合い通した充足感があります。

 負の感情は本当に豊かな学びの源です。

 

 

 

最後に、この経験をシェアするにあたって補足があります。

 

私自身が引き寄せの原理原則に沿って行動してみた結果、

以前より自分が心地よい状態(在り方)でいられるようになっているのを感じるし、

トマスの本の中で起こっていることが自分にも再現している実感があります。

 

だからと言って、みんなもこれをすべきだと言っているのではありません。

 

トマスが言っている進化とは、ダメな自分を改善することでも、より「良い」人間になることでもありません。

より心地よい状態で生き続けていけるような変化が自分自身に起きること、ただそれだけなのだと思います。

 

だから、自分の中の負の感情の中に、何か学びがあるのではないかと感じているなら、

トマスの原理原則が自分に活かせそうだ、自分に合いそうだと感じているなら、

ちょっと勇気を出して、この原理原則を上手く使って一歩踏み出すことで、

新たな発見を手に入れ、より居心地のいい状態を創り出す可能性があること、

つまり進化する可能性があることをお伝えしています。

 

 

 

そしてもう1つ。

ネガティブな感情はとても強力なので、扱い方を間違えるとかえって酷くなる可能性もあります。

 

だから無理をしないこと。

準備が整っていないのに見ようとしても、おそらく見ることはできません。

自分1人で何とかしようとしても、おそらく何ともなりません。

私のように、心から信頼のできる熟練したコーチ(もしくはカウンセラーなどの専門家)を活用することをお勧めします。

 

私も自分の負の感情にここまで向き合えるようになるまでかなり長い年月がかかりました。

1人1人に自分に合ったペースとタイミング、自分に合ったやり方があるはず。

それを見つけるために、私の経験が参考になれば幸いです。

 

 

 

それではまた!

 

 

(追記)このプロセスでは、トマスの引き寄せの原理原則の以下のステップを参考にしました。

Step1. 信じられないほど自分本位になる / Become Incredibly Selfish
Step3. すべての出来事に過剰に対応する / Overrespond to Every Event

Step6. 他の人に奥深く影響を与える / Affect Others Profoundly

Step13. パーソナルニーズを決定的に満たす / Get Your Personal Needs Met, Once and for All 

Step17. 自分の最たる弱みを認める / Endorse Your Worst Weaknesses

Step20. 必要以上に人格を高める / Develop More Character than You Need

Step21. 現在が本当にどれほど完璧であるかを見る / See How Perfect the Present Really is

 

 

0 コメント

人格を高めることは必要か?

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

 

 

 

みなさんは「人格を高める」と聞いて、

どのようなイメージをお持ちですか?

 

 

以前にも書きましたが、

私はかつて自分自身に嫌なところがあって、

自分に自信がない状態が長く続いていました。

その一環として「人格を高めたい!」という思いがあったように思います。

 

  自分を成長させる→人格を高める→自信を持っている

 

そんなイメージを持っていたのかなと今となっては思います。

 

 

 

では、具体的にどうだったかというと…。

 

高校時代の自分が嫌で、大学入学時から理想の自分を演じようとしましたが、

疲れて結局は演じるのをやめました。

 

社会人になって勤め始めてからも「大人の女性になるんだ!」と思って

大人っぽい服を選んで着てみたら、

「おばさんみたいで似合わない」と言われたことも…。

 

社会人になって営業の仕事をやっていた時、

しんどくなって、心療内科に通ったことがありました。

その時も、そんな風になってしまった自分が嫌で仕方がありませんでした。

 

でも、その時診てくださったお医者さまご夫婦の

とても穏やかで、淡々としてはいるけれどほのかに温かい感じが印象的でした。

お2人の様子がとても美しく、憧れを感じる「あり方」というものを

その時初めて実際に見たように思います。

 

 

その後も、「自分を成長させよう!」と試行錯誤していくのですが

自信のなさはなかなか消し去ることが出来ませんでした。

結局は「ありのままの自分を受け入れること」ができるかどうかだ、

ということが分かってはきたものの

実際どうしたらいいのかわからない、という状態が続きました。

 

 

コーチングを学んで最も良かったと思うことは、自分自身を知るという姿勢を培ったことです。

自分の「いいところ」「悪いところ」という評価を手放し、

自分自身を「ありのまま」に見て、受け入れるというトレーニングを積んだおかげで、

自信のなさもいつの間にか気にならなくなりました。

 

そして、コーチングのおかげで、

「ありのままの自分」を受け入れ、自分を出すと同時に、

自分の考え方や視点、価値観、人との関わり方を変える、つまり「あり方」を変えていくことで、

ありのままの自分でいても幸せな、満足した生き方を実現していけるようになりました。

 

 

ところで、今度のEMC勉強会で扱う「Step20.必要以上に人格を成熟させる」では、

ステップの本文そのものが人格を高めるためのアセスメント(チェックリスト)になっています。

 

全部で100項目、まさに「あり方」に関する項目が並んでいます。

例えば…

 

・確信: 私は少なくとも10個の物事を支持しており、確固たる自分を持っている。

・身なりの良さ: とてもカジュアルな時でも、私は常に並外れて良く見える。

・尊重: 私は他の人のどんな局面も侵害しない。

・自信を持つ: 私は、自分の内側の深いところから自信が湧いているのを感じている。

・自発的: 私は自分を動機づけるのに、他の人や起こり得る結果を当てにしない。

・受容: 私はそうあるものに抵抗しない。人々がありのままであるようにさせる。現実を受け入れる。

・冒険的: 私は活発に新しい人々やアイデア、活動、プロジェクトを探す。

・率直: 私はいつもざっくばらんで、遠慮がない。

・軽やか: 私にとって物事は大事だが、過度に意味を持ったり、重要だったり、重苦しかったりしない。

・明確さ: 私はシンプルに話す。容易に理解してもらえる。

 

これを読むと、お世話になった心療内科の先生方と、

敬愛する先輩コーチのみなさん、それぞれの「あり方」を思い起こします。

 

 

改めてこのアセスメントを見てみると、

「人格を高める」というのは結局、

「あり方」を整えていくということなのではないかと思います。

 

そして「人格を高める」ことは、

自分自身が心から満ち足りた人生を送るためにも、

とても大事なことなのだと改めて腑に落ちました。

 

このアセスメントを指標に、

自分を変えようとするのではなく、

自分を高めていきたいなと改めて思っています。

 

 

 

それではまた!

 

 

  

0 コメント