Blog Category: About Myself

ブログの中から「About Myself(土方奈々絵について)」に関する記事を集めています。

人格を高めることは必要か?

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

 

 

 

みなさんは「人格を高める」と聞いて、

どのようなイメージをお持ちですか?

 

 

以前にも書きましたが、

私はかつて自分自身に嫌なところがあって、

自分に自信がない状態が長く続いていました。

その一環として「人格を高めたい!」という思いがあったように思います。

 

  自分を成長させる→人格を高める→自信を持っている

 

そんなイメージを持っていたのかなと今となっては思います。

 

 

 

では、具体的にどうだったかというと…。

 

高校時代の自分が嫌で、大学入学時から理想の自分を演じようとしましたが、

疲れて結局は演じるのをやめました。

 

社会人になって勤め始めてからも「大人の女性になるんだ!」と思って

大人っぽい服を選んで着てみたら、

「おばさんみたいで似合わない」と言われたことも…。

 

社会人になって営業の仕事をやっていた時、

しんどくなって、心療内科に通ったことがありました。

その時も、そんな風になってしまった自分が嫌で仕方がありませんでした。

 

でも、その時診てくださったお医者さまご夫婦の

とても穏やかで、淡々としてはいるけれどほのかに温かい感じが印象的でした。

お2人の様子がとても美しく、憧れを感じる「あり方」というものを

その時初めて実際に見たように思います。

 

 

その後も、「自分を成長させよう!」と試行錯誤していくのですが

自信のなさはなかなか消し去ることが出来ませんでした。

結局は「ありのままの自分を受け入れること」ができるかどうかだ、

ということが分かってはきたものの

実際どうしたらいいのかわからない、という状態が続きました。

 

 

コーチングを学んで最も良かったと思うことは、自分自身を知るという姿勢を培ったことです。

自分の「いいところ」「悪いところ」という評価を手放し、

自分自身を「ありのまま」に見て、受け入れるというトレーニングを積んだおかげで、

自信のなさもいつの間にか気にならなくなりました。

 

そして、コーチングのおかげで、

「ありのままの自分」を受け入れ、自分を出すと同時に、

自分の考え方や視点、価値観、人との関わり方を変える、つまり「あり方」を変えていくことで、

ありのままの自分でいても幸せな、満足した生き方を実現していけるようになりました。

 

 

ところで、今度のEMC勉強会で扱う「Step20.必要以上に人格を成熟させる」では、

ステップの本文そのものが人格を高めるためのアセスメント(チェックリスト)になっています。

 

全部で100項目、まさに「あり方」に関する項目が並んでいます。

例えば…

 

・確信: 私は少なくとも10個の物事を支持しており、確固たる自分を持っている。

・身なりの良さ: とてもカジュアルな時でも、私は常に並外れて良く見える。

・尊重: 私は他の人のどんな局面も侵害しない。

・自信を持つ: 私は、自分の内側の深いところから自信が湧いているのを感じている。

・自発的: 私は自分を動機づけるのに、他の人や起こり得る結果を当てにしない。

・受容: 私はそうあるものに抵抗しない。人々がありのままであるようにさせる。現実を受け入れる。

・冒険的: 私は活発に新しい人々やアイデア、活動、プロジェクトを探す。

・率直: 私はいつもざっくばらんで、遠慮がない。

・軽やか: 私にとって物事は大事だが、過度に意味を持ったり、重要だったり、重苦しかったりしない。

・明確さ: 私はシンプルに話す。容易に理解してもらえる。

 

これを読むと、お世話になった心療内科の先生方と、

敬愛する先輩コーチのみなさん、それぞれの「あり方」を思い起こします。

 

 

改めてこのアセスメントを見てみると、

「人格を高める」というのは結局、

「あり方」を整えていくということなのではないかと思います。

 

そして「人格を高める」ことは、

自分自身が心から満ち足りた人生を送るためにも、

とても大事なことなのだと改めて腑に落ちました。

 

このアセスメントを指標に、

自分を変えようとするのではなく、

自分を高めていきたいなと改めて思っています。

 

 

 

それではまた!

 

 

  

0 コメント

楽しくて仕方がないことでお役に立つ!

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

 

 

 

前職を辞めて、コーチの活動を本格化するにあたって

一番の悩みは「コーチングでいかに稼げるようになるか」でした。

 

多くのコーチがこの点で苦労しているのは分かっていましたし、

営業職の経験から自分が売り込み下手なことも分かっていましたので

独立した人向けのビジネスの勉強会などに参加したりして、自分なりに試行錯誤していました。

マイコーチとも「どうやってコーチングをビジネスとしてやっていくか」というテーマを良く扱いました。

 

ところが…「売ろう」とすると、

少なくとも「売りたい!」「稼ぎたい!」という欲のような気持ちがあると、

自分のモチベーションは下がるし、相手にも上手く向き合えない。

(営業職だった時とまったく変わりません!)

「売る」ためにやったらいいと勧められたことをやっても長続きしない。

気持ちは焦るばかりで、まったくもって上手くいく気配はありませんでした。


EMC勉強会も、単純にトマスの本の内容が素晴らしいから、

本の内容をもっとみんなに知って欲しい!と思って始めたのに、

「ビジネス」と思って戦略的なことを考え始めると思考が停止する有り様。

 

 

ある時、マイコーチとのセッションの結果、

「稼ごう」という気持ちを手放してみることにしました。

少なくともその気持ちがあると、自分自身が心地よくない。

自分ができることで誰かのお役に立つことをする!

そこに焦点を当ててみることにしました。

 

最初はなかなか「稼ぎたい」という気持ちを手放せませんでした。

でも、少しずつそれができるようになったら気持ちが楽になりましたし、

より「自分に何ができるか?」という問いに焦点を当てられるようになりました。

お金のことは考えずに、勉強会の中身をより良くすること、

トマスに引き寄せられる気持ちに純粋に従うことを続けてきました。

 

 

「自分自身、もしくはあなたが提供することを人々に押し付けるのを止めると、

即座にあなたはもっと魅力的になる。

(中略)自分たちが提供するものを強く押し付けていて、

実際に喜びを体験している人はほんのわずかだ。」

(「The Portable Coach」Step5. そうする喜びのためだけに付加価値を与える[No.4])

 

 

少なくとも今は、

自分がやりたいことをやっているし、やっていること自体が楽しい!

そこから学びたい!楽しい!と参加してくださる方がいる。

ありがたいことにそれでお代をいただいている。

とても、とても幸せです。

参加してくださる皆さん、本当にありがとう!

 

先日コーチングバンク主催の勉強会に登壇するにあたって、

どうやったらトマスの世界観が伝わるかを考えるのも、

彼自身や引き寄せの原理原則(Attraction Principles)についてさらに調べるのも、

どんなワークをやったら自分自身にもっと焦点を当たるのかを考えるのも、

当日ファシリテーションをするのも、

もう楽しくて仕方ありませんでした!

 

もっともっとトマス・レナードのこと、引き寄せの原理原則のことを知りたいし、

知ったことをみんなにもシェアしたい!

そしてそれが、少しでも誰かのお役に立てたら嬉しい!!

 

その純粋なエネルギーに沿って行くのでいいんだな、と改めて感じています。

  

 

 

それではまた!

 

 

 

 

0 コメント

自分を整えるには環境から

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

 

最初に、来週のコーチングバンク勉強会のご案内です。

 

EMC勉強会で扱っているトマス・レナードの『ポータブル・コーチ』から

「Step1. 信じられないほど自分本位になる」を取り上げ、

本を読まなくとも、お一人お一人が「自分本位」について考え、

自分本位になることに取り組んでいけるような時間にしたいと思っています。

 

ディスカッションとワークが中心の勉強会です。

ご興味・ご都合の合う方、お待ちしています!

 

【テーマ】信じられないほど自分本位になる!

    ~引き寄せの原理原則で持続可能な幸せを手に入れる~

【日時】2019年2月19日(火)19:00-20:45

【場所】後楽園近辺

【会費】1000円(当日現金払い)

【詳細・申込】http://www.coachingbank.com/eguide+event.eid+178.htm

 

 

 

それでは、今回のメールニュースをお届けします!

 

 

私がコーチングを学んでいく中で、最も興味深かったのは、

「ファウンデーション・プログラム」というモジュールでした。

 

パーソナル・ファウンデーションは自己基盤と訳され、

大きな樹木が育ち栄えるためにはしっかりした根が必要なように、

豊かで価値ある人生を送るためには

個々人の基盤を強化することがとても大切という考え方です。

 

ファウンデーションを強化するための要素として

妥協、未完了、ニーズ、価値などが含まれていましたが、

どれも始めて触れる考え方や視点ばかり。

まだよく理解できないけれど、なんだかすごい視点を手に入れた!

とモヤモヤしつつもワクワクしたのを覚えています。

 

 

この中で、特に自分に刺さったのが「ライフバランスを整える」。

身の回りの環境、経済・仕事、健康、人間関係の4領域すべてが上手くいくよう、

4領域で合計100個のチェックリストを足がかりに、

自分のライフバランスを整えていくというものです。

 

例えば、こんなチェック項目があります。

 

・書類やファイルはきちんと整理されている

・今住んでいる家は気に入っている

・生活を豊かにするような音楽を聴いたり、絵を飾ったりしている

・収入の10%は貯金している

・法的な問題は抱えていない

・仕事が人生ではないが、生活の一部である

・週2回以上運動している

・歯は健康である

・リラックスする方法を身につけている

・両親と上手くいっている

・道端や駅、パーティーなどで出くわして気まずい人はいない

・自分の基準を持って生きている

 

どうでしょう?

ちょっとドキッとするような項目もあったのではないでしょうか?

 

 

当時、100点満点中3-40点くらいだったかと記憶しています。

これを、数年かけていいので、80点を目指しましょう、と勧められました。

コーチングを学んでいた3年間は、時々このリストを見返しては

1つでもチェックがつくよう、週ごとに目標を立てて過ごしていました。

 

その後、結婚して家族が増えたり、仕事が変わったりするなかで

これらの項目のチェックは増減することもありましたが、

一貫して自分を整えるための「基本的なチェック項目」であり続けました。

 

取り組み続けられたのは、これらの項目にチェックがつくと、

「自分が整う感じ」が高まったからです。

 

一番点数が上がったのは「人間関係」の領域。

その間、どんな変化があったかというと、

人間関係で悩んだり、嫌な思いをしたりすることがかなり減りました。

特に、人間関係で悶々とするようなことはほとんどなくなりました。

悶々とするような関係や事態が起こりにくくなりましたし、

起こったとしてもそれを解消するための行動を起こせるようになっていました。

 

 

 

このライフバランスのチェックリストの元になったのは

トマス・レナードが作った「一掃プログラム」です。

そして、それは「環境を完璧にする」という引き寄せの原理原則に拠っています。

 

「ここでは主に物質的な物事について話しているが、

本当は私の生徒の1人が『より活発に自分自身を尊重すること』

と呼んでいたものについて話している。」

(「The Portable Coach」Step19. 環境を完璧にしなさい[前文])

 

自分の環境を整えることは結局、

自分自身のエネルギーを整える環境を作ること。

エネルギーのロスを減らし、エネルギーを蓄える環境によって、

自分自身をもっともっと発揮できるようにすることにつながります。

 

 

みなさんは、ご自分のためにどんなふうに環境を整えていますか?

「一掃プログラム」にはそのヒントがたくさんありますので、活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

* … * … * … * …* … 今後の予定 … * …* … * … * … *

 

◆Evolving myself Club 勉強会◆

コーチングの父 トマス・レナードの著作「ポータブルコーチ」から

トマスが説くコーチングの原理原則を理解し、自己基盤の強化に取り組む勉強会です。

どのステップからでも参加できます。

 

★EMC【大崎】Step19. 環境を完全にする / Perfect Your Environment

【日時】2019年2月26日(火)19:00-21:00

【場所】大崎第二地域センター・区民集会所(JR山手線 大崎駅徒歩5分)

 

★EMC OnlineEMC【Zoom】Step5. ただ喜ぶために付加価値を与える(仮) / Add Value Just for the Joy of It

【日時】2019年3月11日(月)日(木)20:00-21:50

【場所】Zoom(オンライン)で実施

 

※EMC勉強会情報ページ:https://www.coachkarriere.com/evolving-myself-club/

 

ご興味・ご都合の合う方の参加をお待ちしています。 

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … *

 

 

もう1つ、宣伝です!

いよいよ今週末の開催となりました。

コーチ仲間の平林さん(ひらりん)が

『Portable Coach』から「Step1. 信じられないほど自分本位になる」をテーマに勉強会を開催します!

ご都合・ご興味の合う方是非!

 

◆2/16(土)ー17(日)関東4チャプター交流会◆

詳しくはこちらです: http://4chap.saitama.coach

 

 

それではまた!

 

 

 

0 コメント

コーチングとの出会い(3)

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

どうして私がコーチングを始めたのか?について書いています。

 

 

コーチ・トウェンティワンのリクルーティングセミナーに参加してみて

コーチングの魅力に取りつかれてしまい、この求人に是非応募したいと思いました。

 

 

 

ところが、時を同じくして、職場で上司から別室に呼ばれました。

 

「もう一度、後藤さん(私の旧姓)を正職員に推薦させてもらえないかなぁ?
今回こそは行けそうなんだよ!ただ、後藤さんの気持ちもあるから、確認しておかなきゃと思って…。」

 

大学もちょうど来年度に向けて諸々の準備が始まるころで、上司は何か可能性を感じたようです。
まさかの打診でした。


ものすごく悩みました。
私の気持ちはもうコーチングに向かっていました。

でも、大学の仕事も楽しかったし、続けられるなら続けたいと思ってきた仕事が続けられると思ったら嬉しかった。

それに、就職・転職で営業職やコンサル職に就いて上手くやっていけなかった経験もあるから、
よくわからない仕事に就いてまたダメだったらどうしよう…という不安も正直ありました。
その仕事が合わなかったら、それこそ次の仕事がないかも!
正規の職員になれば生活も安定するし、もう転職活動の心配もなくなる!

 

ただ何より、そうやって何度も私を正規職員にしてくれようとする上司の気持ちが嬉しかった。
同僚も「もう、ほんとに正規職員になってほしい!!」と何度も言ってくれていたし
他部署の方からも「次どうするの?残ってほしいのだけど…」と言われたこともあった。
そんなみなさんに応えたいという想いもありました。

しかし、ほんとに正規職員になれるのかなぁ?
あんなに却下され続けてきたのに…。

 

 

グルグルと考えて、結局、出した答えは…

ダメもとで、正規職員の話を受けよう!
やっぱりダメ、という話になったらコーチ・トウェンティワンに応募しよう。
そして、正規職員になれたとしても、コーチングを学ぼう!

 

私は上司に「お願いします」と頭を下げ、
人材紹介会社にも状況を伝え、正規職員になれなかったら求人に応募したい旨を伝えました。

 

 

面白いもので、
あんなに頑として「正規職員にはなれません」と突っぱねられてきたのに

今回はすんなりと決まりました。

 

翌年4月になり、私は正規職員として改めて入職。
それとほぼ同時に、コーチングを学び始めました。

 

 

 

これが私とコーチングの出会いです。
コーチ仲間とはよくコーチングを始めたきっかけを話し合うのですが、
「リクルーティングされた」という話はまだ聞いたことがないので
珍しいきっかけかもしれませんね!

 

経験上、「行くべきところにはすんなり行ける」と思っているので、
今では転職できなかったのも、なかなか正規職員になれなかったのも、
「コーチングと出会うタイミングを待っていたのかもしれない」と思っています。

 

 

それではまた!

 

 

 

【コーチ・カリエレの勉強会】
Evolving Myself Club(EMC)★
トマス・レナードの著書「ポータブルコーチ」の著作を読み、自分の進化を促す勉強会です。

 次回: 9/18(火) Evoloving Myself Club Step14.細部を生きがいにして成長する

 詳細はこちら (Evolving Myself Clubのページへ)
 申込みはこちら(こくちーずのサイトへ)

【コーチングに興味のある方へ】
若干名パーソナル・コーチングのクライアントを募集しています。

土方のコーチングの考え方、特徴、経歴などはHPをご覧ください。
 お問い合わせは、お申込みはこちら (お問い合わせのページへ)

 

0 コメント

コーチングとの出会い(2)

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

どうして私がコーチングを始めたのか?について書いています。

 


最長3年間という私立大学の契約職員でしたが

その時の上司は私が自分なりに仕事に取り組んだことを認めてくださり、
私を正規職員にしてほしいと何度も掛け合ってくれたそうです。

残念ながらそれは聞いてもらえませんでしたが、
諸般の都合で契約を更に2回ほど延長していただくことができました。

 

しかし、5年目に向けた契約更新の時、総務部長から

「ごめんね、これが本当に最後の更新だから、是非次の仕事を見つけてね」

と念押しをされる状況でした。

 

言われずとも次の仕事を探して転職サイトや人材紹介会社に登録し
色々な会社に応募していましたが、なかなかご縁がありません。

実は決まりかけたお話もあったのですが、

先方のプロジェクトの都合で案件そのものが立ち消えになってしまったことも…。

自分としても是非やってみたい仕事だったので、その時は本当に途方に暮れました。

 

 

そんなことがあった後、11月くらいだったかと思いますが、ある人材紹介会社から

「コーチをやりませんか?」

というメールが入りました。

 

 

コーチ?

どんな仕事かよくわかりませんでしたが、
そのメールには簡単に「人の話を聴く仕事」という説明と、

私の営業や教育関係で培ってきたものを活かせると思ったという

コンサルタントの方のお誘い文句がありました。

 

 

前回お話した経験から「人の話を聴く仕事」という点に惹かれ、コンタクトを取ってみると…

それはコーチ・トウェンティワン(現コーチ・エイ)のリクルーティングでした。

コーチ・トウェンティワンは日本で最初にコーチング事業とコーチ養成プログラムを始めた会社で、

コーチング業界の先駆けの会社。

企業としても大きく発展している途上でした。

 

説明を聞いても「コーチングとは何ぞや」がまったく理解できなかった私は、

コーチ・トウェンティワンのリクルーティングセミナーに参加してみることにしました。

今でもものすごく記憶に残っているのですが、
鈴木義幸さん(コーチ・エイの代表取締役の方)のとてもエネルギッシュな説明に圧倒されると同時に、

「人の話を聴くことで気づきを与えられる」というフレーズにとてつもない可能性と魅力を感じました。

 

 

これおもしろそう!!!

やってみたい!!!

 

 

セミナーの帰り道で本屋に寄って、

鈴木さんが書いた本『コーチングが人を活かす』を即買いしてワクワクしながら読みました。

 

 

 

続きはまた!

 

 

 

【コーチ・カリエレの勉強会】
Evolving Myself Club(EMC)★
トマス・レナードの著書「ポータブルコーチ」の著作を読み、自分の進化を促す勉強会です。

 次回: 9/18(火) Evoloving Myself Club Step14.細部において成長する(仮)

 詳細: https://www.coachkarriere.com/evolving-myself-club/
 申込: 準備中

【コーチングに興味のある方へ】
若干名パーソナル・コーチングのクライアントを募集しています。

土方のコーチングの考え方、特徴、経歴などはHPをご覧ください。
 お問い合わせ: https://www.coachkarriere.com/お問い合わせ/

 

0 コメント