· 

自分本位とはトランプみたいになること?

こんにちは!
アトラクション・コーチの土方奈々絵です。

 

2020年、新しい年が始まりましたね。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

1/5(日)のTV『サンデー・モーニング』で、

社会学者の加藤諦三氏による「幼児化」という視点を紹介していました。

 

「◯◯ファースト」(わがまま)も、「移民・難民の排斥」(異なるものへの恐怖)も、

「EU離脱」(理想放棄)も「軍拡競争」(優位)も「フェイクニュースや暴言」(反応が欲しい)も

すべて「幼児化」という、自らの成熟を拒否してしまう現象から起こっており、

この「幼児化」は「不安」によってもたらされている。

 

「なるほど、そう言う見方もあるんだなぁ」と興味深く見入ってしまいました。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

アトラクション・プリンシプル(引き寄せの原理原則)の

「#1 信じられないほど自分本位になる」をテーマにした勉強会で、ある参加者が

「(自分本位になってしまったら)トランプみたいな人にならないか?」

とコメントしたことがとても強く印象に残っています。

 

この原理原則の「自分本位に」とは、英語で言えば「selfish」

selfishを辞書で調べると

「自分のことしか考えない、利己的な、自分勝手な、わがままな」などとあり、

英語でもネガティブな意味で使われる形容詞です。

 

(ちなみに、昨年末に出版された『Portable Coach』の完訳本

『セルフィッシュ』のタイトルはこの原理原則に拠っています)

 

ということは、

この原理原則「#1 信じられないほど自分本位になる」は、

トランプみたいにわがままな人になるということなのか???

 

冒頭の「アメリカファースト」が「わがまま」の表れであるという見解にも通じる、

非常に興味深い論点です。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

この点については

トマスが『自分本位について新しい視点を把握する必要がある』と書いているように、

ここで言っている「自分本位」がどんなものなのかを理解することがポイントです。

  

『自分本位〔selfishness〕は確かに自己中心〔egocentricity〕、

または無神経〔insensitivity〕が含まれている可能性がある。

しかし、そのことはこれらの3つの言葉を同義にすることではない。(中略)

自己中心とは、自分自身のことしか考えないこと、

または世界は自分を中心に回っていると感じることを意味する。

無神経は心がないこと―まさに他の人を大事にしていないことを意味する。

しかし、あなたは極めて自分本位になることができるし、

それにもかかわらず自己中心的でも無神経でもなくいられる。』

(「The Portable Coach」ステップ1.信じられないほど自分本位になりなさい/No.6)

 

「自分本位」とは自分に必要なもの、大事なことを最優先にすることでしかありません。

いわゆる「わがまま」とは全く違うという概念に頭を切り替える必要がありそうです。

 

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、なぜ「自分本位」でいることが大事なのでしょうか?

トマスは次のように言っています。

 

『自分本位は―専門化とそれが可能にする才能の開発とともに―個人や社会にとって進歩の礎である。』

(「The Portable Coach」ステップ1.信じられないほど自分本位になりなさい/No.1)

 

『自分本位は、私たちの目的のための定義としては、

最後にはあなたが以前よりも他の人に対し惜しまずに、支援的になることを自分に許すことだ。』

(「The Portable Coach」ステップ1.信じられないほど自分本位になりなさい/導入文)

 

他人を助けるためには、自分の本領を発揮するために自分を成長させることだけでなく、

それができる状態でいられるよう必要なものを手に入れたり、自分をケアしたりすることが必要です。

そのために自分を優先することが「自分本位」になるということです。

 

元CAの方が「緊急時にはまず自分が酸素マスクをつけるよう指導された」

とおっしゃっていましたが、このことを象徴しているなぁと思います。

 

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ 

 

こうして見ていくと、

「自分本位になる」ということは、周りの人に貢献することにもつながっています。

それが本当の意味での「自分本位になること」なのではないでしょうか?

 

そうだとしたら…

あなたは今、どのくらい「自分本位」になっていますか?

 

 

 

 

それではまた!