· 

あなたは「誰」?

こんにちは!
ライフ・コーチの土方奈々絵です。

 

コーチングを学ぶ中で、

最初にいつこのフレーズを見かけたのかはもう覚えていないのですが、

とても心に刺さる言葉があります。

 

『自分以外の誰かになろうとしない』

 

あなたはこの言葉を読んで感じるところはありますか?

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

 

「もっと自分を出せばいいのに」

 

正確な言葉はさておき、こうした意味のことを言われたことが何回かあります。

高校生から大学生にかけて、もう数十年も前のことですが

友逹にそう言われた当時は「何言ってんの?」と言われた意味が分かりませんでした。

言われたその時は自分を隠しているつもりも、偽っているつもりもなかったからです。

 

でも、思い返してみれば

高校時代の自分が嫌で、大学に入学してからは理想の自分になろうと振る舞っていたし。

(入学当初は理想の女の子らしいファッションを頑張っていたけど、

そういう苦しいことはやめよう!とカジュアルなジーンズを履いていったら

夏休みの間に何かあったのかと心配されたこともありました。)

 

20代のころは大人の女性に憧れて、バーに行ったり大人のファッションを目指したり。

(友達におばさん臭い格好と言われて落ち込んだこともあったなぁ。)

 

それもこれも、自分に自信がなくって、自分が好きになれなかったから。

「ありのままの自分を受け入れなさい」

「自分を好きになりなさい」

そう言われても、頭ではわかっていても、そうなりたい望んでも、

じゃあどうすればそうできるのか、ずっとわからないでいました。

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

 

私がコーチングから得た最大のメリットは自分を知ることでした。

同時に、自分以外の人の視点や考え方を知ることで、他の人と自分は違うこと、

自分は自分らしくいていいのだということを少しずつ実感し、実践できたことでした。

 

『誰かのふりをやめなさい』

(「The Portable Coach」ステップ28.本来の自分であれ、人間そのものであれ/No.1タイトル)

 

『誰かになろうとするのをやめなさい』

(「The Portable Coach」ステップ28.本来の自分であれ、人間そのものであれ/No.2タイトル)

 

『役割によって定義されたり、役割を果たしたりするのではなく、自分らしくいなさい』

(「The Portable Coach」ステップ28.本来の自分であれ、人間そのものであれ/No.8タイトル)

 

自分の中にないものに憧れたり、他者からの期待を背負ったり、

誰もが本来の自分とは違う自分を演じてしまう可能性はあります。

それも無意識に。

 

怖いのは、それを続けているうちに、本来の自分が分からなくなること。

私自身もずっと「自分探しの旅」に出ていたように思います。

答えを外に求めてもがいて、もがいて、結局は自分の中にしか答えを見出せませんでした。

 

今は昔に比べればずっと「自分らしく」いられるようになりましたが、

それでも時々「自分でない誰か」になろうとしている自分に気がつきます。

つい最近もそんな自分に気づいて、思いっきり吹き出しました。

自分で自分を笑い飛ばして、とても心は軽やかです。

 

 

あなたは、誰でもない本当の「自分自身」でいられていますか?

 

 

 

それではまた!